越知帳

緑のふるさと協力隊21期/高知県高岡郡越知町/横畠迎賓館

まとめて近況1

久しぶりの更新になってしまいました。
元気でやってます(笑)
 
夜ひとりの時間に記事を書くことが多いんですが、最近夜も誰かと一緒にいたりお宅にお邪魔していたりで更新できませんでした(><)
ありがたいことです。
 
 
f:id:yujirosatake2014:20150210152915j:plain
先週初めは野老山(ところやま)に招かれて行ってきました。
野老山は横畠の向かい側なので、家の前からもよく見えます(゜0゜)
 
 
f:id:yujirosatake2014:20150209150455j:plain
こちらは反対に、野老山から見た横畠。
手前の校舎が今回お邪魔した野老山小学校(廃校)。
 
 
f:id:yujirosatake2014:20150209150214j:plain
毎週「大人の学校」を開催して地元の方が集まり、工作などをされています。そこで演奏してきました。
「チェロ弾ける人がおるなんて知らんかった~」「噂では聞いたことあったけどあんたやったんか~」との声。広報やブログで公開してても、意外と知られてないんですね(´□`;)
 
たしかに普通に考えて、広報の記事やブログも「実際に会ったことがある⇒だから興味持って見る」の順番であって、「会ったことない⇒けど興味持って記事を読む」とはなかなかならない。知らない人のことをいきなり告知しても見てくれないのは当たり前、だからこそ直接足を運ぶことが大事なんですね〜
 
 
f:id:yujirosatake2014:20150210012650j:plain
桃の節句が近いということで、工作は折り紙で雛人形の内裏雛(いわゆるお内裏様とお雛様)をつくりました。

※画像はイメージです


 
〜〜〜〜〜
 

 
f:id:yujirosatake2014:20150217171603j:plain
翌日は「横倉山案内人養成講座」の研修で、愛媛県内子町へ。
地域の歴史的な建物と町並みを生かして「ねき歩き」という町歩きを企画し、地域おこしに取り組んでいました。
 
 
f:id:yujirosatake2014:20150218154814j:plain
こんな細い裏路地も案内してくれます。来たばっかりだけど「地元感」を味わえます(^O^)
整備された綺麗なところを回るいわゆる「観光」とは一味違って、地元の人からすると当たり前の「日常」を体験してもらうことで、地域に愛着や親しみを感じられるようなツアーでした。
 
 
f:id:yujirosatake2014:20150217171656j:plain
町を案内してもらったあと、役場の方やガイドさんとの交流会で企画の経緯や運営の具体的な部分を聞いて、 越知にも生かせそうな考え方があったり似たような課題を抱えていることがわかりました。
 
よそを見て受ける刺激は大きく、自分のとこなら何ができるか、もっとこうしたら人が来てくれるんじゃないか、とか発想がうまれるきっかけになります。「ライバル意識」じゃないけど、似たような境遇の存在があるとやる気が出てくるものですね!(笑)
 

〜〜〜〜〜

 
 
f:id:yujirosatake2014:20150217170810j:plain
翌日は横畠の方々に連れて行ってもらって隣町の「秋葉祭り」へ。
テレビでも放送され全国的に知られている祭と聞いていたとおり、四国だけでなく広島・神戸・福岡など遠方からの車や、30台以上の観光バスが来ていました。
 
 
f:id:yujirosatake2014:20150218161843j:plain
当日は約1万人の観光客が山の上の集落に集まったそうです!
祭りの行列も約200人が参加していたらしいんですが、話を聞くと実はこの集落の住人はほとんどいないんだとか・・・。
 
 
f:id:yujirosatake2014:20150218161813j:plain
行列の人たちは近隣の自治体からの助っ人がほとんどで、この集落では30年間子どもが一人も生まれていない、と聞きました。詳しい事情はわかりませんが、いずれにしてもこれだけ大規模に祭が行われて観光客で賑わっているのはすごいことです。祭を続けよう、残していこうという強い意志を持って進めている方々がいるのでしょう。。
 

〜〜〜〜〜

 
 
f:id:yujirosatake2014:20150217091733j:plain
その翌日からは畑のお手伝い。
この時期は土づくり。土を耕して、肥料をまいて、畝を立てていきます。
機械の力は絶大!人力ではなっかなか進まなかった作業が、見る見る終わっていきます。

 
 f:id:yujirosatake2014:20150217091636j:plain
畑の前は川を挟んですぐに山。日照時間が限られるので少しでも作物に日が当たるように、畝を立てる方角やより長く畝を確保できる向きを考慮して作業します。
 
山の稜線から雲が出てくる様子は町ではなかなか間近に見れません。山が止まっている分、雲の動きの速さを実感します~



〜〜〜〜〜

 
 
f:id:yujirosatake2014:20150217171144j:plain
週末は山に連れて行ってもらったのと、庭の植木の手入れのお手伝い。
樹の種類にもよりますが、枝先を切ってしまうと春にそこから新しい芽が出てくるんだそうです!生えっぱなしにしているとずっと枝は古いまま。思い切って切り飛ばすと、その時はかっこ悪いけど、樹は元気を出して再生しようとするんだとか。でも知らないと切るのは勇気がいりますよね・・・
 
 
f:id:yujirosatake2014:20150217091535j:plain
ところで皆さん、土佐文旦の食べ方知ってます!?
見た目はグレープフルーツみたいな文旦。僕がみかんみたいに硬い皮をちょっとずつ剥いていたら、「なにしよんじゃ~ 妙なことしよるな~」ということで地元流の剥き方を見学しました。
 
 
 
f:id:yujirosatake2014:20150217091443j:plain
横に一周(地球儀の赤道みたいに)包丁で軽く切れ目をいれて、そこに指を入れてまわしていくと、パカッとフタのようにきれいに取れます!こんな感じに。
あとは実の回りの薄皮を剥がしたらこのフタに入れつつ食べます◎
 
【告知】今週金・土曜日はおち駅で文旦祭です~~!