読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

越知帳

緑のふるさと協力隊21期/高知県高岡郡越知町/横畠迎賓館

桐見川探訪 と雑記 成長?のこと

f:id:yujirosatake2014:20150122230853j:plain

桐見川方面の中大平、大平、栃ノ木に連れて行ってもらいました。

山の中をずーっと進んでいくと、ふと家が密集した集落が現れます。風の温度が低い。集落の真ん中に水が流れる音が聞こえる。栃ノ木です。

 

 

f:id:yujirosatake2014:20150122231337j:plain

旧大平小学校。1881(明治14)年に大平小中学校として建てられ1974(昭和49)年に休校。校舎は取り壊されてありません。かろうじて木造の講堂が残っています。設計はモダンで、昔は品のある先進的な建物だったんじゃないかと思います。

 

 

中大平集落へは以前お会いしたおばあちゃんに会いに行ったんですが、僕らの突撃訪問だったのに「悪いねえ、何もご馳走がなくて」と何度も言って、手作りのヒガシヤマをくれました。なんか悪いことしたな。でも覚えててくれてうれしかったです( ´ー ` )

 

 

 

こっから先、長いです。。

 

◉以前書いた、僕のお手伝いについての考えは、4月に来た時から今の形だったわけではありません。

草刈り - 越知帳

 

これまでにいろんな人に呼んでもらって行って、帰ってから飲みながら役に立たんかったとかあの行動は最低だったとかあんなんじゃおらんほうがマシとか言われてへこみながら、それでも呼んでくれる人のお手伝いに行かせてもらううちに少しずつ変わってきたものです。

 

自分ではただ同じことを言われたくなかったので注意されたことは直そうとしたし、自分を否定されてるようで嫌だったので怒られたポイントを振り返って何がダメだったのか、どうすればよかったのか反省して次からはこうしてみようとか課題にしていました。(流行りの言葉でいうといわゆるPDCA

 

「春に一緒に作業したときはこの子大丈夫かなと思ってたけど、秋に久しぶりに一緒になったら別人みたいに動けるようになっててびっくりした」と言ってくれた人がいましたが、結果的に変われたのはダメなところをちゃんと言ってくれる人がいたからでした。それはお手伝いに限らず飲み会や人の輪の中での振る舞いも。

 

 

最初は「打っても響かんやつだ」と言われていましたが、そういう性格なので(^^;; やかましく言われたとしても相手の言ってる内容を自分なりに理解して次の行動へ反映していこうとはしてました。口には出さないけど。

 

自分は非があると全く思わずにとっていた行動に対してダメ出しをされると、不意打ちを食らったかのようです。知らんし!その場で言ってくれれば良かったのに!そこまでボロカスに言われなきゃいけない事をしてしまった自覚はないけど、そこまで言うなら以後気をつけます、ってなもんで。黙るしかない。知らなかった僕が悪かったですすいません、って引くしかない。

 

最初は大変でした。否定され続けました(と感じていました)。今まで気にしなかったことを意識するようになりました。そうやって少しずつここでの「常識」が共有できてきたら、自然体で話せるようになってきました。

 

今は飲み会に行っても時間があっという間に過ぎてしまうぐらい楽しいです。味方も増えたし(笑)こんなになるとは想像してませんでした。これからはもっと深入りしていこうと思っています( ̄▽ ̄)