読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

越知帳

緑のふるさと協力隊21期/高知県高岡郡越知町/横畠迎賓館

虹色の里  ―過程を想像する

ある日、小雨が降る中 家を出ると…

f:id:yujirosatake2014:20141204003931j:plain

虹!!!

 
f:id:yujirosatake2014:20141204003205j:plain
よく見ると二重になってます(゜0゜)/
 
f:id:yujirosatake2014:20141204003349j:plain
こんなにはっきり7色に見えるのは生まれて初めて!!
ちなみに横畠で見るのは8月以来二度目です(この時はもっと曇ってました) 念願の… - 越知帳
 
f:id:yujirosatake2014:20141204003311j:plain
端っこは上の家に降りてきているようです。
 

なんでも、住民主体の地域活性化グループ「虹色の里 横畠」が結成された日に虹が何度も見えたという言われがあるそうですが、山の上の横畠では虹が空いっぱいに見えて思わず見入ってしまうきれいさです!

 

 ◉今日の一枚

f:id:yujirosatake2014:20141204134059j:plain

ブログで過去の写真を見ていると、行事や野菜の旬や風景の変化を通して春夏秋と季節が変わってきたな~と実感します。

庭の野菜は、植えるのが遅かったせいで「あきらめて人にもらったがマシ」と言われたりしますが、自分で植えた種から芽が出て葉っぱが出てきて大きくなっていくのを見てると楽しいです。まだまだ収穫には時間がかかりそうですが、ちゃんと食べられる大きさになるといいな~

 

f:id:yujirosatake2014:20141204002743j:plain

こちらは頂き物。

「欲しいときは好きに採っていきや~」と言ってくれるんですが(!)、畑で何気なく作っている(ように見える)野菜の大きさやツヤがすばらしくて。もちろん味も。

 

そういえば、「虹色の里」の会長やすおさんが昨日おっしゃっていたことがあります。

「ワシなんかは物を買うとき、目の前のものだけじゃなくて、作られた過程を想像するわけや。」

たとえば野菜でいえば、土を耕して肥料をやって種をまいて水をやって草を引いて…収穫して洗って、その過程を考えたらこの値段は高くないんじゃないか?というふうに値段を見ると。目の前のものがここに来るまでにどれだけの手間ひまがかかっているか。それを含めての値段。

「うわっ高い」と思ったときに、それが作られた背景を想像してみたら、それだけ払う価値があるかどうか、少し違う視点から考えられるかもしれません。とくに手作りのものは。