読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

越知帳

緑のふるさと協力隊21期/高知県高岡郡越知町/横畠迎賓館

ひええ

f:id:yujirosatake2014:20140830133142j:plain
もう1ヶ月近く前になりますが

f:id:yujirosatake2014:20140830133222j:plain
田んぼのヒエ取りのお手伝いをしました。

f:id:yujirosatake2014:20140830133618j:plain
家よりも高いところにも田んぼがある

f:id:yujirosatake2014:20140830133447j:plain
左側がヒエ、右側がイネ

f:id:yujirosatake2014:20140830134131j:plain
ヒエは食べません

f:id:yujirosatake2014:20140923235425j:plain
稲のスーっと伸びる姿は凛としていて好きです

f:id:yujirosatake2014:20140830134654j:plain
そよそよ


◉見えかた変わる

最初は田んぼを見ても何がどうなってるのかわかりませんでした。
でも目が慣れてくると、ある方向を向いて稲は並んでいることがわかって、その規則性から外れたところにヒエは生えていることがわかりました。

いやあ、最初からそう言われていたけどその意味がわからなくて。

意味がわかると、進んでいくのにいい方向があることも気づくし、あとどのくらいかかりそうかの目算も一気に短縮されます。

最初からずっと見てる人には当たり前に見えてることが、初めたばかりの人には見えてない。そのギャップって、そこにギャップがあることに意識的な人じゃないと指摘できない。熟練しちゃったらそこにギャップがあることを忘れると思う。

普通は自分で気づいていくものなんでしょうね。僕のチェロのときはそうでした。あえて教えてくれる人ってそういない。わざわざ意識しなくてもちゃんとできてれば問題ない。


それにしても、カオスに見えていたものに規則性が見えるのって楽しいですね。同じものを見てるのに認識の仕方が変わる。なんかちょっと成長したような、さっきまでの自分とは違うぞ、っていう感じ笑

僕がチェロを一人でもずっと続けてるのは、弾くたびにそういう小さな発見や捉え方の変化があるのが楽しいからだと思います。

人の新しい一面を見たり、他のことでも続けるうちに見えてくる奥深さや楽しさってあると思います。

同じものを見ても人それぞれ捉え方や印象に残る部分は違う。それはその人らしさでもある。それは人に伝えてみて初めて人と違うことがわかる。伝えきれないけど。

僕はこのブログで伝えていきます。僕が見たもの、感じたこと。写真も大事なメッセージです。

見慣れた日常をふと違う目線から見直すきっかけになれたらうれしいです。