越知帳

緑のふるさと協力隊21期/高知県高岡郡越知町/横畠迎賓館

まねぶ、まなぶ。

f:id:yujirosatake2014:20140812234606j:plain
先週は台風続きで雨ばかりだったので今週は遅れを取り戻すべく、しばらく振りに農作業のお手伝いです。

以前、人に言われたこと。
「お手伝い」は自分じゃなくて相手の目的のために動かないかん。
この一見当たり前のことが、大事なんですよね。

人の動きを見る。視線の先を見る。次にやることを予測する。流れを止めない、できればよりスムーズに。見て学ぶ。

初めてのことだと、次が予測できない。一言だけ言われてもどうすればいいかわからない。そんな時も、どうしてもの事だけ聞く。気になることは、手が空いた時に聞く。

自分の気になることよりも、相手の作業の流れが優先。こういう発想今までなかった。


f:id:yujirosatake2014:20140812234625j:plain
別の話。
今日初めてやらせてもらったことがある。
ミシマサイコ(薬草)の畝の草刈り。一輪車付きの機械で。

最初、やって見せてくれる。
それから自分。車輪が石に引っかかって全然進まない。草も刈れてない。刈った跡がぐにゃぐにゃ。

交代してもう一回見本を見せてくれる。
スイスイ進む。刈れてる。跡がまっすぐ。
どうやら、あんまり転がしてない。刃が草をスムーズにもれなく刈れるように、機械を持ち上げて運んでるように見える。

f:id:yujirosatake2014:20140812234645j:plain
リベンジ。
車輪のことより、草をまっすぐ刈ることだけに集中。機械は重いけど持ち上げて運ぶ。

最初よりずっとまっすぐになった。刈りもれも減った。ただスピードはまだまだ。でも楽しい。

ただ見てるのと、どうやったら上手くできるか気にして見てるのでは大違い。