読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

越知帳

緑のふるさと協力隊21期/高知県高岡郡越知町/横畠迎賓館

横畠の大山祇神社

こんにちはー
今日は雨です。家の周りは霧に包まれています…

 

f:id:yujirosatake2014:20140421110233j:plain

さて今日は横畠地区にある 大山祇神社 のご紹介です。

おおやまづみ神社は全国に800ほどもあるようですが(wikipedia調べ)、越知町の横畠地区にもあります。

f:id:yujirosatake2014:20140421110240j:plain

4/15のエントリでも大山祇神社が登場しましたが、あれは中津明神山の麓にある同名の神社でした。

大山積神は武運長久の神様のようで、明神山の大山祇神社では維新志士が脱藩して江戸へ向かう際に無事を祈願したそうです。横畠のほうでは竜馬の甥・坂本直寛らが自由民権運動の集会を開いたといわれています。

f:id:yujirosatake2014:20140421110255j:plain

本殿の彫刻には目を奪われます…

f:id:yujirosatake2014:20140421110226j:plain

今井浅治、吉宗、友祐という長州大工の親子の手によって建てられたもので、本殿の周りは 鞘堂さやどう という建物で囲まれているため、造られて130年経っているとは思えない美しい状態を保っています。

f:id:yujirosatake2014:20140421110315j:plain

外から見ると鞘堂しか見えないので、「神社?」という感じですが、この鞘堂のおかげで本殿は守られているんですね。

f:id:yujirosatake2014:20140421110221j:plain

すべて木で組まれており、釘は一本も使われていないんだとか! 芸術的な匠の技!

f:id:yujirosatake2014:20140421110311j:plain

今は使われていない表札。どうやってこんなにきれいに削りだしたんだろう?

 

f:id:yujirosatake2014:20140421110306j:plain

本殿の手前にある拝殿の天井には、平安時代の歌の名手・三十六歌仙が描かれています。頭の上にお尻が来ないように絵が並べられているのですが、一ヵ所だけそうなっていないところがあります

 

f:id:yujirosatake2014:20140421110320j:plain

外観は「お宮」といった印象です

f:id:yujirosatake2014:20140421110325j:plain

高台にある大山祇神社から下りてくると、薬師堂の交差点です。不思議な場所から、いつもの道に戻ってきた感じがします…